ギャンブルだけは本当にやめたほうがいい

エホバの証人は賭け事をしません。

実は聖書には賭け事を直接禁止する聖句というものはないんです。確か。。
その背景には物質主義や負けた時に自身だけでなく周りにも迷惑をかけることなども関係しているのかもしれません。

また運任せの場合が多い為、運命の神への偶像崇拝にあたるとして禁じているのでしょう。

私も組織を離れるまでギャンブルというものに手を出したことはありませんでしたし、
周りに大損している人たちをたくさん見てきているのでやりたいと思うこともありませんでした。

しかし、ふとしたきっかけ、会社の上司に連れていかれたのを皮切りにのめりこんでしまったことがありました。

初めていったパチンコ屋のスロットで6万円買ってしまったうれしさが脳裏に焼き付き、スロットの虜になってしまったのです。
当たり前のことですが毎回勝てるはずもなく、むしろ負ける日のほうが多くなっていくのです。
ひどい時には一日最高7万円負けることもありました。

思い返すとまだエホバの証人だったころ、田舎の会社に就職している時パチンコやスロットは職員たちのもっぱらの話題となってました。
その時の定年前くらいの歳の上司が笑いながら話してくれたセリフを今でも覚えています。

パチンコをやっていなかったら「車が一台買えていた」ではなく、「家が一軒建っていた」と笑いながら言うのです。



当時は大げさだな、いくらなんでも家は誇張しすぎだろうと思っていましたが、
自分が負けるようになった時、あの時のあの人の話は本当だったんだと思うようになりました。

例えば月の収支がマイナス5万円だとしましょう。
5万円×12か月=60万円(一年間の負け額)
60万円×35年ローン=2,100万円

そんな毎月5万円も負けないよという方もいるかもしれませんが、
ほとんどの人がマイナス収支なのは、パチンコ屋が繁盛しているのを見れば当然のことでしょう。

負けた金額に加えて、パチンコ屋まで行くのに使う交通費、かかる時間、タバコの副流煙からくる健康被害、騒音による耳への影響。
お金が無くなることで生活が苦しくなり、また家族がいる人であれば家族と過ごす時間も失われていることでしょう。

ストレス解消を目的に行っているはずが、負けることで逆にストレスが増え、心身の健康も損なっているのです。

それを考えると、組織にいて守られていたこともあったんだなと痛感します。
ギャンブル依存症とまではいきませんが、今でもパチンコ屋に足が向くことがあります。

そこにはアダルトチルドレンとギャンブル依存症の関係があると考えています。
次回はそちらについて書いていこうと思います。

↓コータローの東京生活はルームシェアから始まりました!





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック