好きになった人がエホバの証人だった!付き合える?結婚は?

※こちらは信者ではない一般の方向けの記事となります。

こんばんは、コータローです。

たまに読者の方から質問をいただくのが、まったくエホバの証人と関係のない人からで以下のような内容のものです。

「職場(もしくは学校)の好きな人がエホバの証人でした。付き合ったり結婚は無理ですか?」

などといった相談です。

そこで今回は信者ではない人がエホバの証人を好きになった際、望みはあるのか、仮に付き合えたとして将来どうなるかなどといった点を経験を交えて書いてみます。

質問1.信者でない人がエホバの証人と付き合ったり結婚できますか?

結論からいいますと、できません。

エホバの証人は交際の対象を同じ信仰内にある人に限定しており、結婚はその延長上ですからまた然りです。

ではどうすれば付き合うことができるか。主に二つの方法があります。

1.あなたが信者になって交際を申し込む

2.好きな人がエホバの証人ではなくなる

1の場合ですが、まずそう簡単に信者になれません。

聖書研究から始まり、必要最低限の知識を身に着け、かつエホバの証人の道徳基準に基づいた生活、行動をある程度の期間続けている必要があります。

そしてその人の言動や行動が聖書の基準にかなっているということが、誰の目から見ても明らかになってはじめてエホバの証人となるための献身とバプテスマに進むことができるのです。

この「ある程度の期間」がどれほどなのかは人によって違うでしょう。

早い人であれば聖書研究を始めて半年とか1年とかいう人もいれば、遅い人は5年とか10年、もしくはそれ以上かかるという人もいます。

そしてエホバの証人になる動機がそもそも重要となってきます。

「好きな人と一緒になりたいから」という動機からだとエホバの証人になるのは厳しいでしょう。

正式な信者となるのに時間がかかるため、長年追いかけているうちに相手に他に良い人が見つかって結婚でもされたらそれで目的を見失うことになります。



2の「相手がエホバの証人ではなくなる」について言うと、その相手が信仰を続けるか捨てるかはあなたに決めることはできません。

ただ、信者をやめる理由として未信者との交際というケースもあるため、だめもとで告白してみたら付き合えたという事例もあるでしょう。

そもそも好きだった相手がエホバの証人ということが分かっていること自体、その人と付き合える可能性は低いです。

なぜなら信仰を公言している人ほど信仰心が強いからです。

私のような当時ひたすら周囲に自分がエホバの証人だとばれないようにあれこれ手を尽くしてにわか信者であれば別ですが。

この記事にたどり着いた人の中には、告白をした時に「私はエホバの証人だから」と言われ振られた人もいると思います。

振られた文句でエホバの証人であることが分かった場合と、そもそも自分はエホバの証人だからと予防線を張っている人に関しては自分が傷つかないためにも手を出さないほうがいいかもしれませんね。

仮に付き合えたとしても、長い目で見るといろいろあります。

・相手がエホバの証人に戻りたいと言い出す

・相手の親が現役で結婚を反対される

・相手の親に勧誘される

・相手の親が現役の場合、自分たちの結婚式や葬式に参加してくれない

私が組織内で見てきた経験上、一度はエホバの証人をやめて未信者と結婚したけどあとでまた戻ってきたという人は何人も知っていますし、離婚をしたという話もよく聞きます。

組織を離れて未信者と結婚している私でさえ、エホバの証人に100%戻らないと言い切ることもできません。

当人たちは仲が良くても、両家の間でもめるにもめて婚約破棄になったなどという話も聞きます。

結論:あなたのためにも当人のためにも、エホバの証人に手を出すのはやめておいたほうがいいです。

エホバの証人について一切触れていない現在の生活については、こちらのブログで書いています。更新頻度も高めですのでご覧いただけるとうれしいです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント